社会

【白塗りメイク】河合悠祐とは何者?経歴・公約・政策を紹介【東京都議会議員選立候補】

河合悠祐

経営者でYoutuberでもある河合悠祐氏が東京都議会議員選挙へ立候補予定であることがわかりました。

白塗りメイクでも話題の彼は何者なのか?
愛の力で婚姻率低下・LGBT等差別・動物殺処分の問題解決をする党の公約・政策とは?

河合悠祐氏の経歴・プロフィールなどを紹介します。

この記事は、猫好きNOEL(@noel920)が執筆しています。

河合悠祐とは何者?

 

この投稿をInstagramで見る

 

河合悠祐(@kawapanokawai)がシェアした投稿

プロフィール

名前:河合 悠祐(かわい ゆうすけ)
ハンドルネーム:KAWAPAの河合
年齢:39歳(2021年2月時点)
生年月日:1981年2月22日
住所:東京都港区
出身:京都市
学歴:京都大学総合人間学部卒
職業:経営者、Youtuber、芸人
所属:愛の力で婚姻率低下・LGBT等差別・動物殺処分の問題解決をする党
結婚歴:独身

経歴・学歴

京都市立紫野高校卒
京都大学総合人間学部卒
同志社大学大学院司法研究科修了
2001年7月2日 株式会社RiverJunctionを設立
2020年3月 Youtubeチャンネル「KAWAPAの河合チャンネル」を開設
2020年7月1日 「河合withシャンティ」結成(ワタナベエンターテインメント27期)
2021年3月4日 千葉県知事選挙に立候補・出馬し落選(千葉県全体を夢と魔法の国にする党)
2021年6月25日 東京都議会議員選挙に立候補予定(愛の力で婚姻率低下・LGBT等差別・動物殺処分の問題解決をする党)

職業・仕事

人材派遣、SES事業、営業・集客代行、恋活パーティー運営などの事業する「株式会社RiverJunction」代表取締役。
東京最大級の街コンパーティkawapaの主催者。

2020年に「KAWAPAの河合チャンネル」でYoutuberとしての活動も開始しており、さらに芸人として「河合withシャンティ」という男女のコンビを結成するなど、多方面に渡って活動しています。

メイン事業となるのは人材派遣、SES事業ではないかと思われます。

SES事業について

IT業界では、SES事業のブラック化が問題視されています。
具体的な点は以下

報酬が安い

SES(System Engineering Service)とは、客先常駐でシステム開発をする契約形態のことです。
端的にいうと「SES=事実上のIT人材派遣」。
IT業界の派遣労働です。

SESは時間報酬なので、成果物の品質に対するインセンティブは支払われません。
さらに依頼元から多重請負になる場合があると、労働者が受け取れる単価報酬が目減りすることになってしまうのです。

依頼元から人材派遣会社を挟むと2次請け、3次請け・・・
やばい案件だと5次請け、6次請け・・・なんてこともあります。

ITエンジニアを派遣して中間マージンを搾取する企業が儲かるというビジネスモデルがSES事業です。

客先常駐

SESは客先で常駐してシステム開発をします。
そのため、客先を転々とする機会が多くなり、そのたびに人間関係を1から構築する必要があります。
人によっては大きなストレスを抱えることになり、人間関係に疲弊しうつ病を発症するエンジニアが急増しています。

仕事の質が低くスキルが身に付かない

SESのシステム開発は大規模案件が多い傾向にあります。
大手の開発に関われるのはメリットかもしれませんが、急速に発展してきた業界において古いシステムのまま安定的に稼働させるケースが多いです。

プログラマとして派遣されたにも関わらず、ひたすら地味なテストをやらされたり、非効率的な雑務を任されたりすることも少なくありません。

そのため、最新の技術を学べる機会はなく、技術者として不満を抱く人もいます。

もし一部の優良な企業に派遣されれば、給料も高い場合がありますし、他に通用するキャリアを得るチャンスはあります。

そうでない場合は、SESになるとスキルが身に付かないため次に繋がらず、辞めたらまた新しい人材を企業は確保できるので使い捨てのような状況になります。

何も知らずにSESとして仕事をすると、経済的にも精神的にも消耗し最悪うつ病になる人もいるのが現状です。

Youtube タイトル詐欺・釣り動画が報告

河合ゆうすけ氏の運営する「KAWAPAの河合チャンネル」では、タイトルと動画内容に大きなギャップのある釣り動画が報告されています。

例えば、「MLB ドジャースの前田健太と対決映像」というタイトルで投稿された動画では、実際には本人ではなくニセモノと野球で遊んでいるだけの動画になっています。
その動画が以下

現在インターネット上で横行している記事や動画のタイトル詐欺は、組織としてのコンテンツ作成体制や数字だけを求めるアクセス至上主義な風潮がこの問題を招いています。

河合悠祐 東京都議会議員選挙

河合悠祐氏は、東京都議会議員選挙 葛飾区選挙区への立候補が予想されています。

選挙日程

告示日(立候補届出日):2021年06月25日
選挙期日(投票日):2021年07月04日
議員の定数:4人
前回立候補:5人
前回投票率:49.96%

東京都議会議員選挙 – 葛飾区選挙区候補者一覧 – 2021年07月04日投票 | 東京都 | 選挙ドットコム

河合悠祐 千葉県知事選挙はこちらをタップ

河合悠祐 千葉県知事選挙立候補 公約・政策

河合悠祐氏の千葉県知事選挙における目標や千葉県全体を夢と魔法の国にする党の公約・政策は以下の通り

【意気込み・目標】
・投票率40%以上にする。
・国民主権党 平塚正幸氏にだけは勝つ。

【具体的な公約・政策】
・ディズニーランドに無料で行けるようにする
・千葉県全体をテーマパーク化する
・千葉の海をシーと呼ぶ
・ゴミという言葉を廃止し、「星の欠片」という言葉に変える
・男女差別やLGBT問題をなくす
・コロナ対策を強化
・「幕張駅」を「幕張メッセここじゃないよ駅」に改名

河合氏は、経済の立て直しを図るべく千葉県に人を集めるために、県全域をディズニーシーのようなテーマパークにすると語り、そのために、「千葉県全体を夢と魔法の国にする党」を設立しています。

九十九里浜がディズニーシーのようになるのは決して不可能ではないとし、
心が変われば行動が変わる
行動が変われば習慣が変わる
習慣が変われば性格が変わる
性格が変われば運命が変わる
というマザーテレサの名言を引用し、県民のパラダイムシフトが必要だと訴えかけました。

ただし、本当に千葉県全体をディズニーランドにするわけではなく、予算に応じて遊び心のある仕掛けを各地域にちりばめていくとのことです。

白塗りメイクの意味とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

河合悠祐(@kawapanokawai)がシェアした投稿

河合悠祐氏は、東京都知事選2020で「N国党」や「トランスヒューマニスト党(後藤輝樹)」「スーパークレイジー君(西本誠)」らの個性的な選挙ポスターを見て、「こんなに自由に表現していいのか」と影響を受けたと語っています。

千葉県知事選挙に出馬する際のジョーカーのようなカラコン・白塗りメイクについては、投票率を上げる狙いもある一方で多方からの批判を受けているようです。

河合悠祐氏は、そういう一般的な常識を変えることが私の使命だと語り、白塗り化粧でも普通に外を歩けるようにしたいとのこと。

彼はメイクすることが趣味で、白塗りについてはピエロ(道化師)をイメージしているが、具体的に何かを模倣しているわけではありません。

化粧のデザインにはメッセージが込められており、各自その意味を考えてほしいとのことで、選挙期間中は白塗りメイク姿で街頭演説・活動していく方針です。

覆面レスラーで元岩手県議会議員のザ・グレート・サスケ氏は、世界初の覆面議員になれたわけなので、河合氏も白塗り化粧で選挙活動・議員活動も十分可能性はあると思われます。

埼玉県戸田市議選に初当選したスーパークレイジー君のように、白塗り化粧の姿が話題となり、投票率を上げることができるのか。
結果、他の候補者よりも政見放送の接触率が上がったというデータが出ました。

政見放送

NHK版

千葉テレビ版

MV:いっちゃいやSHOW TIME!!

選挙ポスター

選挙公報

千葉県知事選挙公報 河合ゆうすけ

やはり遊びで出馬した人

政見放送・ポスター・公報を見終えて最終的に感じたことは以下の3点です。

  • ビジョンも信念もなし
  • 広告で自身のYoutubeチャンネルの宣伝
  • お金の本質を理解していない

ビジョンも信念もなし

河合氏は千葉をディズニーランドにするための具体策は何も提示することはありませんでした。

政見放送もネタを披露する場として接触率はあったものの賛否両論がありました。
最終的には、千葉をディズニーランドにする気はないと語っており、それならばなぜ千葉選挙を選んだのかも不明なままとなりました。

ライバル候補の後藤輝樹は、2011年から政治家を目指すためにアルバイトで貯金したお金を元に選挙に出続けています。
今回、コロナは茶番、ベーシックインカムという具体的なメッセージを発信しています。

また、平塚正幸氏の「ワクチンやマスクの問題」にしても、NHK党の立花孝志も「NHKの問題」というメッセージを発信しています。
つまり、河合氏以外の候補者は全て目的があっての奇抜な演出であり選挙への出馬なのです。

残念ながら彼にそのような内面を感じられることはありませんでした。

広告で自身のYoutubeチャンネルの宣伝

河合氏のポスターを見ると、特に統一された政策はなく、自身のYoutubeチャンネルへ誘導していることがわかります。
つまり、彼は供託金の300万を宣伝広告費として、自身の知名度向上が目的だったわけです。
実際に、それを考えれば安すぎる金額だと立花孝志との対談で語っています。

別に売名を悪いと言ってるわけではないですし、どちらかと言えば肯定的に見ています。

お金の本質を理解していない

河合氏は、自分は会社で稼いで自腹で出馬しているのに対して、
後藤輝樹、平塚正幸らは支持者からの寄付によって出馬していることがせこいと語っています。

しかしお金とは、価値エネルギーであり、ビジネスにおいては等価値の交換によって成り立つものです。
彼らは、社会活動をしてきた中での社会的価値、信頼を積み重ねてきており、それを寄付という形で換金したに過ぎません。

そういう意味で河合氏は、ビジネスでその都度お金に換金しているだけで、彼らはセコいというのはお金の本質を理解していないための発想なのです。

「ライバルは国民主権党 平塚正幸」敵意をむき出しにする

国民主権党 平塚正幸

河合氏は千葉県知事選挙で立候補の際、ライバルに国民主権党・平塚正幸氏を名指しました。

彼らは立候補を表明した時点で共に39歳という年齢ですが、生年月日を比べると河合氏のほうが一つ年上です。

平塚正幸:1982年1月1日
河合悠祐:1981年2月22日

平塚正幸とは、東京都知事選2020に「コロナはただの風邪」というキャッチフレーズで出馬した国民主権党の党首です。

平塚氏は、マスクの弊害・ワクチンの危険性を訴えるために千葉県知事選挙に出馬するための寄付金を募集していました。
その際に河合氏は「立候補に必要な300万円がないとのことですが、私お金あるので相談乗りましょうか?」と挑発するなど、かなり意識されている様子です。

平塚氏は、派遣事業で労働力を中間マージンで搾取するパソナの会長である竹中平蔵を強く非難しています。
一方でその人材派遣業で稼ぐ河合氏。
コロナは風邪であり、過剰な感染症対策は必要ないという平塚氏の主張とは逆に、河合氏はコロナを100年に一度の国難であると持論を展開し、コロナ対策の強化を明言するなど、

同世代でありながら二人の主張や行動は全く異なっていますが、果たしてどのような展開になるのか。
結果は以下の通り

河合悠祐:15,166票(0.8%)
平塚正幸:19,372票(1.0%)



webライター・サイト運営
猫好きNOEL
webライター・オンラインビジネス・トレーダーが仕事。 うつ・パニック障害を発症。発作は寛解・症状の慢性化・後遺症と戦う。 資本主義は嘘まみれであり、信じるべきは自分の直感。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。